新宿NSビル歯科トップへ

 
 
  保険診療 検診 往診 労災各種取り扱い
  新患 急患 随時受付
  ベビーカー 車イスでの来院可
 
03-3344-2008
平日7:45~19:00
土曜7:45~13:00

歯ぎしり

歯ぎしりとは


歯ぎしり(ブラキシズム)とは、無意識のうちに上下の歯を擦り合わせたり、噛み締めたりする口腔の悪臭癖のことをいいます。睡眠時に行っていることが多くほとんどの人は自覚がないことが多いです。

歯ぎしりの種類

歯ぎしりには大きく3種類のタイプに分かれます。
 
 
・グラインディング
 
上下の歯をギリギリと擦り合せるタイプの歯ぎしりで最も多くの人が行っているのがこれになります。

 
 
・クレンチング
 
上下の歯を強く噛みしめるタイプの歯ぎしりで、寝ているときだけでなく起きているときも無意識に噛み締めていることがあります。通常起きているときには上下の歯は接触しておらず噛み締めている時間が長くなるほど歯やアゴに大きな負担がかかることになります。

 
 
・タッピング
 
上下の歯をカチカチと鳴るようにぶつけるタイプの歯ぎしりで、睡眠時に無意識で行っているので自覚はできませんが家族など周囲の人に指摘されることが多いです。上の2つよりは歯やアゴのダメージは少ないですが長期にわたるようであれば注意が必要です。

歯ぎしりをそのままにすると?

歯が極度にすり減ってしまい歯の寿命を縮めてしまいます。
 
歯の周りの歯茎の退縮や歯自体にひびが入り知覚過敏が頻発します。
 
顎が痛い、または口が開きにくい、口を開けると関節から音がするといった症状を顎関節症と呼びます。長期にわたって歯ぎしりを行っている場合顎関節症を引き起こすことが多いです。
 
首、肩のコリや頭痛といった一見関係ないようなところに症状が現れます。歯ぎしりで使用する筋肉はアゴと側頭部の筋肉であり、その筋肉が緊張することで頭痛を招くのです。また、周囲の肩、首へと筋肉はつながっており肩こりや首の痛みを引き起こすのです。
 
歯ぎしりによって歯を揺らされることで歯周病の悪化を招きます。歯の周りの隙間が広がることで歯周病原菌が入り込みやすくなり歯茎の腫れを引き起こし歯周病へと陥るのです。
 

歯ぎしり対策

生理的な現象である歯ぎしり自体を止めることは非常に難しく実際にはマウスピースを作製して歯やアゴを守る方法が一般的です。
 
マウスピースをはめることで歯がすり減ることが防止できるでき、アゴの負担も減ります。噛み合わせの位置が高くなることで筋肉の緊張も解消され肩こりや頭痛も軽減できます。