新宿NSビル歯科トップへ

 
 
  保険診療 検診 往診 労災各種取り扱い
  新患 急患 随時受付
  ベビーカー 車イスでの来院可
 
03-3344-2008
平日7:45~19:00
土曜7:45~13:00

口腔外科

親知らず


20~30歳に生えてくる一番奥の歯を一般的には親知らずと呼ばれますが、正式名称は第三大臼歯と言います。現代人は顎が小さく正常に生えてくることは少なく、また正常に生えても清掃性が悪く虫歯になりやすかったり、歯茎が腫れたりすることが多いトラブルメーカーになりがちで悩んでる方も多いと思います。
 
新宿NSビル歯科では親知らずの悩みに的確なアドバイスまたは実際に抜歯を行っております。横向きに生えている親知らずの抜歯も可能です。
 
「何故痛くなるのか?」
「いつまで痛いのか?」
「生え方がおかしい」
「抜くかどうか悩んでる」
「抜いたら腫れないか?」
「抜かないで何とかならないか?」
「大学病院じゃないと抜けないと言われた」
「すぐに抜いてほしい」
 
生え方も人それぞれなので悩みも千差万別な親知らずの相談、または抜歯は当院におまかせください。

口内炎


口内炎にお悩みの経験がある方多いと思います。はっきりとした原因は不明ですが、ストレスや睡眠不足、免疫の低下、栄養不足などと言われています。
 
ヒリヒリとした痛みを伴うので非常に気になる口内炎に対して、新宿NSビル歯科ではレーザー照射を行っております。
 

 
レーザーで口内炎の表面を蒸散させることで治癒を促進させることでかさぶたが早くでき結果として痛みの消失につながります。
 
患者さんがご自身で行えることとしては生活習慣を整えて皮膚の治癒の促進につながるビタミンB2、B6などをサプリメントで摂取していただくことがおすすめです。

顎関節症

顎が痛い、口が開きにくい、口を開けると関節から音がするといった症状を顎関節症と呼びます。かみ合わせの不正が主な原因となり歯ぎしりや癖も関連しています。
 
治療法として主にかみ合わせの改善、レーザーによる理学療法、ずれた関節の徒手整復、マウスピースを使ったスプリント療法を行います。