新宿NSビル歯科トップへ

 
 
  保険診療 検診 往診 労災各種取り扱い
  新患 急患 随時受付
  ベビーカー 車イスでの来院可
 
03-3344-2008
平日7:45~19:00
土曜7:45~13:00

レーザー治療

歯科用レーザーとは


ある単一の波長からなるレーザー光線を照射することで治療的効果を出すことです。
歯科では虫歯の除去、歯周病治療、知覚過敏の抑制、歯茎の切開、口内炎の治療などに使用されます。
副作用がなく不快感も少ない治療方法なので安心して治療を受けられます。

レーザーでの治療


虫歯
 
虫歯の治療にレーザーが使用できます。
歯科用レーザーによる虫歯治療の特徴として痛みが出にくく麻酔の使用がいらないことが多いです。
「キィーン」というドリルの音がしないので治療中の不快感がありません。
虫歯の菌に侵されている部分だけを選択的に除去できるので削る量が少なくて済みます。
欠点として、切削スピードが遅いので治療に時間がかかることと、深い虫歯には使用できないことが挙げられます。
 


歯周病
 
レーザーを歯周ポケット内に照射することで歯周病の原因菌を殺菌することができます。
炎症部分の歯肉を除去することもできるので重症の歯周病にも効果を発揮します。
レーザーは歯石を砕いて取り除くことができるのでこまかい部分の歯石も除去できます。
レーザー自体に組織の再生を促す効果があるので治りも良くなります。
 


口内炎 口角炎
 
レーザーを口内炎の部分に照射することで人工的にかさぶたを作り痛みからの解放と早期治癒がおこります。
レーザー自体に組織の再生を促す効果があるので治りも良くなります。
 


知覚過敏
 
知覚過敏は歯の象牙質にある象牙細管という目に見えない穴が神経に刺激を伝えることでおこる現象です。レーザーを知覚過敏を起こしている部分に照射することで象牙細管を閉鎖して刺激が神経に伝わらないようにします。
 


顎関節症
 
顎関節症の主な症状に、開口時の痛みと口を大きく開けられない開口障害があります。
顎関節部にレーザーを照射すると痛みが緩和し開きにくかった口も開くようになります。
レーザーは理学療法のひとつで、レーザー光が患部の深くに到達することで鎮痛消炎効果が現れ症状の改善が見られます。
レーザーの照射による組織の活性化が起こり、治癒を促します。